Menu

まだ実業務で書いたことがないのでなんとも。そうそうStateを小さくできるものなのかどうか。。

1. コンポーネントのまとまりで分ける

たとえば計算機を作ってみるとしたら、「ディスプレイ」や「ボタン」がコンポーネントになる。コンポーネントを取りまとめる大本のコンポーネントをつくる。この例ならまさに「計算機」ということになる。

どうやら、コンポーネントのまとまりのことをコンテナと呼ぶらしい。

src/
  calculator/
    Calculator.js
    NumberButton.js
    ResultLabel.js

2. アプリケーション構成で分ける

ActionやReducerはコンポーネントと1対1対応するわけではないので、それぞれ分けた方が見やすくなる。ここでActionやReducerはコンテナに閉じたもの。そのようにできるのがコンテナになる、と言った方がいいかも。

アプリケーションに共通的なActionやReducerなんかは別の話。そういうのはコンテナに閉じない。上手に区別しないとごちゃごちゃになりそう。

src/
  calculator/
    actions/
      ActionTypes.js
      index.js
    components/
      Calculator.js
      NumberButton.js
      ResultLabel.js
    reducers/
      Calculator.js

3. アプリケーションとして必要なコード

複数のReducerを合併するためのコードが必要なので、これを分ける。src直下でもよいかもしれないが、create-react-appで作成した構成から追加する分が明確になるようにしたい。

src/
  app/
    reducers/
      index.js
  calculator/

つまりこう

src直下にファイルは追加しないが、App.jsに変更(Storeの作成)を加える。

src/
  app/
    reducers/
  <container>/
    actions/
    components/
    reducers/
  App.js
  index.js

スポンサーリンク