Menu

目標

  • WindowsにてSVNサーバを起動する

手順

パッケージをダウンロードする

  1. 以下のサイトの Getting Subversion->Binary Packages を選択する
  2. Windows から Win32Svn を選択する
  3. Download をクリックしてmsiファイルをダウンロードする
    • Setup-Subversion-1.6.16.msi(2011-04-27時点)

パッケージをインストールする

  1. ダウンロードしたmsiファイルを実行する
  2. Next、Install、Finishをクリックしていく
svnインストール00.JPG
svnインストール01.JPG
svnインストール02.JPG
svnインストール03.JPG
svnインストール04.JPG
svnインストール05.JPG

リポジトリを作成する

リポジトリ用のディレクトリを作成する

svnがリポジトリ管理するためのディレクトリを作成します。

>mkdir c:\var
>mkdir c:\var\svn
>mkdir c:\var\svn\documents

ここでは次のようなディレクトリの役割を考えています。

var
Unix系OSの慣習として
svn
snvが管理する場所として(一箇所にしたい)
documents
ドキュメントのリポジトリ用として(カテゴリで分けたい)

リポジトリを作成する

>svnadmin create c:\var\svn\documents

リポジトリを設定する

  • c:\var\svn\documents\conf\svnserve.conf
    anon-access = none
    auth-access = write
    password-db = passwd

上記はそれぞれ次のアクセスを設定します。

anon-access
匿名アクセス→none(なし)
auth-access
認証アクセス→wirte(読み書き)
password-db
パスワードファイル→passwd(ファイル名)
  • c:\var\svn\documents\conf\passwd
    ユーザ名=パスワード

サーバを起動する

デーモンモードで実行する

>start svnserve -d -r c:\var\svn

ここでオプションは次の意味があります。

-d
デーモンモードで実行する(デフォルト 3690 番ポートで受け付ける)
-r
仮想ルートを設定する(上位ディレクトリにアクセスさせない)

さすがにプロンプトから毎度実行するのはしんどいので、サービスと立ち上げるように別途設定するのがよろしいかと思います。

基本ディレクトリ構成を作成する

>svn mkdir svn://localhost/documents/trunk -m "create"
>svn mkdir svn://localhost/documents/branches -m "create"
>svn mkdir svn://localhost/documents/tags -m "create"

SVNでは慣習として次のようなディレクトリ構成をとります。

trunk
開発中の最新バージョン
branches
版(保守対象)
tags
リリース(保存用)

このとき、一度ログインユーザのアカウント名でパスワードを聞かれますがEnterを押してスルーします。次にユーザ名とパスワードをそれぞれ聞いてきますで先に設定したユーザ名とパスワードを入力します。

参考

添付ファイル: filesvnインストール00.JPG 843件 [詳細] filesvnインストール03.JPG 822件 [詳細] filesvnインストール04.JPG 806件 [詳細] filesvnインストール01.JPG 791件 [詳細] filesvnインストール02.JPG 858件 [詳細] filesvnインストール05.JPG 849件 [詳細]

スポンサーリンク