Menu

#author("2018-09-04T05:58:07+00:00","default:haruki","haruki")
* キーワード [#w28a8f57]
- React
- style
- js, javascript
- css, cascading style sheets

* 何か [#h1a35327]

スタイルシートはcssに書く方が扱いやすくてよい。

* なぜか [#b9323c23]

Reactではjsのオブジェクトとしてスタイルを定義してコンポーネントに付与することができる。コンポーネントに閉じてスタイルを定義できるメリットがあるものの、コンポーネントをまたいでスタイルを適用したいときに困る。その箇所をコンポーネントとして切り出すのが形としてはよいかもしれないが、あらゆる場面でそうしないといけないことが結構足かせになる。

実際のところ、管理側ページではスタイルをjsに、表側ページではスタイルをcssに書いて開発をしているが、表側ページの方がずっと取り扱いがよいと感じる。し、スタイルの適用がコンポーネントに閉じていないことも、BEMで名前づけさえ気をつけていれば困ることはない。

さらに、スタイルをcssに書いたところで、適度なコンポーネント化はしていける。ので、単純に扱いのよいcssの方がよいと感じる。

* どのように [#o46c9029]

スタイルはcssに書く。この際、BEMで名前づけすることを徹底する。

jsにスタイルを書きたい都合はほとんど現れないように思う。

* 反省 [#o7460f5c]

やってみて感じたことなので仕方がない。

管理側と表側で別のやり方をしたのはある都合によるものだが、比較ができてよかった。

スポンサーリンク