今どきのJavaScriptはコンパイルして実行したり、パッケージ管理があったり、ブラックボックスがどんどん増えていって怖いですね!と逃げてばっかりもいられないのでまずは "Hello World" からです。

npmをインストールする

node.js??サーバーサイドじゃなくてクライアントサイドがやりたいのですが。。知ってます!ライブラリ・パッケージ管理のためにnpmが要ります。何かをするために手前の環境にnpmが入っていたのですが、途中でうまくいかないことが起きたのでnodebrewで入れなおしました。

そこで参考にした記事はこちら。

Hello Worldする

-- オフィシャルのQickstartをやり直すことにしました。

次の記事のとおりに従えばまずはAngular2が動くのを確認できます。

最終的に次のようにファイルができあがります。

アプリケーションルート
├── node_modules
├── package.json
└── src
    ├── app
    │   └── app.ts
    ├── index.html
    └── tsconfig.json

初期設定する

アプリケーションをコンパイルしたり実行したりできるように、npmの設定をします。手動で書くこともあるようなので注意(参考記事のとおりでいけます)。

cd アプリケーションルート
npm init -y
npm i angular2@2.0.0-alpha.44 systemjs@0.19.2 --save --save-exact
npm i typescript live-server --save-dev

コンパイルする

コンパイル?JavaScriptはコンパイルなしで動くのでは?そう、だけどTypeScriptで書いたからJavaScriptにコンパイルする必要があります。TypeScriptからJavaScriptへのコンパイルはすごい。TypeScriptのコードを更新した瞬間JavaScriptにコンパイルします。

cd アプリケーションルート
npm run tsc

実行する

live-serverでローカルのhttpdを立ち上げてブラウザで動作確認します。このlive-serverもすごい。TypeScriptからJavaScriptにコンパイルした瞬間何かをしてブラウザをリロードさせます。つまり、TypeScriptのコードを更新すればブラウザで動作確認できていることになります。

cd アプリケーションルート
npm start

ソースコード

Last-modified: 2016-07-04 (月) 17:43:48 (1175d)