参照:まず、ここが丁寧で分かりやすい。

ヒープとスタック

メモリには

ヒープはnew(alloc)して確保するのに使う。スタックは関数呼び出しで確保するのに使う。

スタック

関数を呼び出すと関数ごとにフレームという単位でスタックに領域が確保される。

main() {
  a();
}
a() {
  b();
}

とすると

+------+
| main |↓下向きに積まれるとして
+------+
| a    |
+------+
| b    |
+------+

関数ローカルな変数がここで確保される。

ヒープ

動的にメモリをallocするのに確保する領域。クラスをnewしてインスタンス化するものはすべてここ。

+--------------------+--------------------+
| New Area           | Old Area           |
+---------+----------+                    |
| Eden    | Survivor |                    |
+---------+----------+--------------------+

New領域とOld領域

ヒープ領域もいろいろありNew領域とOld領域がある。

短命なインスタンスはNew領域で済ませたい、ということがあり頻繁にnewしては破棄するならNew領域が大きいほうがよい、ということになる。が、Old領域が少な過ぎてもフルGCがはたらきやすくなるので宜しくない。

-XX:NewRatio=2

New領域に対するOld領域の割合を指定する。この場合 New領域:Old領域 = 1:2 になる。

Eden領域とSurvivor領域

New領域もいろいろあり(またか)Eden領域とSurvivor領域がある。

New領域のなかでさらに効率化するための仕組み。Survivor領域の割合が小さいとOld領域に行きやすくなる。

-XX:SurvivorRatio=8

Survivor領域のFrom空間とTo空間に対するEden領域の割合を指定する。この場合 Eden領域:Survivor領域 = 8:(1+1) になる。

Last-modified: 2015-08-29 (土) 15:50:40 (1485d)