関連

概要

ajaxの枠組みがないフレームワーク等の環境でとりあえずajaxさせたいときのTips。

方法

var formData = $(フォームのセレクタ).serializeArray();
$.ajax({
	type: 'POST',
	url: 別ページのURL,
	data: formData,
	dataType: 'html',
	cache: false,
	success: function(html) {
		var div = $(html).filter(抜き出したい要素のセレクタ);
		// 正常時
		if ($(div).size() > 0) {
			$(入れ込みたい要素のセレクタ).html($(div).html());
		}
		// エラー時(抜き出したい要素が拾えないとき)
		else {
			alert('ダメでした。');
		}
	},
	// エラー時(通信的エラーのとき)
	error: function(XMLHttpRequest, textStatus, errorThrown) {
		alert('ダメでした。');
	}
});

解説

$(フォームのセレクタ).serializeArray()

JSON形式のデータ構造を取得する。

$.ajax({
	・
	・
	・
  success: function(){},
    error: function(){}
});

ajaxして成功時、失敗時の関数をそれぞれ実行する。

$(html).filter(抜き出したい要素のセレクタ);

読み込んだページから要素を選択する。

参考

Last-modified: 2013-08-17 (土) 18:07:15 (2227d)