キーワード

概要

アプリケーションに定義したクラスのオブジェクトを削除します。

今回のサンプルは次のクラスを定義したものとしています(※Parse規定のカラムを除く)。

サンプル

// オブジェクトを削除する
var destroy = function(id) {

	// クラス
	var Post = Parse.Object.extend('Post');

	// インスタンス
	var post = new Post();
		
	// 属性
	post.set('id', id);

	// 削除
	post.destroy({
		success: function(post) {
			jQuery('#message').text('ポスト削除: ' + post.id);
		},
		error: function(post, error) {
			jQuery('#message').text('ERROR: ' + error.description);
		}
	});
};

// イベント処理(Parseとは直接関係ないところ)
jQuery('input[name=object-destroy-post]').click(function() {
	var id = jQuery('input[name=object-destroy-id]').val();
	if (id.length > 0) {
 		destroy(id);
	} else {
		jQuery('#message').text('WARN: ' + 'idを入力してからdeleteしてね。');
	}
});

解説

あとで。

参考

Last-modified: 2013-08-17 (土) 18:07:15 (2227d)